Wooden house

木造住宅の注目するところはココだ!

夕日

沖縄の木造住宅の魅力について、分かりやすく記載していきたいと思います。住宅の素材には、鉄筋や木造と色々な材料で建築されておりますが、なぜ木造住宅を選ぶのでしょうか?ここでは木造住宅の魅力や木造住宅でしか出せない雰囲気といった事に関してお伝えしていきます。
まずは沖縄の木造住宅の魅力についてご紹介しましょう。家を建てるならやっぱり木造がいい、という意見は近年増加傾向にあります。鉄筋の家より温かみがあって、住みやすそうといった声が一番多い様に感じます。元々は日本人は昔から木の家に住み続けているのですから、必然と言えます。まず、木造住宅の特徴は日本の気候に合っている事が一番の特徴と言えます。日本は四季がどの国よりもはっきりとしており、湿度も多い国とされております。湿気は家を傷ませる原因になりますので、木造住宅のような通気性の良い家が日本には合っているといえます。
次に、木造住宅は住む方にとってリラックスする空間を演出する事ができます。素材が木材で出来ておりますので、ゆっくりと落ち着いて家に居る事が出来ます。木造住宅は住む方を優しく包み込んでくれる。そんな気持ちにさせてくれます。また、鉄筋での住宅に比べて、ハウスダストが少ないと言われております。それは、木材における自然の吸収効果があるからです。沖縄の木造住宅は日本に合っている建築手段だといえます。

木造住宅でも十分素敵な家は建ちます

沖縄の木造住宅の魅力について知っておきましょう。沖縄の木造住宅は今現在の建売の殆どが木造住宅です。なぜ木造住宅ばかりなのか?と言いますとコストが安い事が一番の理由です。なぜコストがお安いのかは今の経済状況がそうさせています。銀行さんのお話だと最近では3千万円のローンを組むのがやっとの現実だそうです。土地から購入して家まで建てるのですから融資がおりる金額内で納めなくてはいけません。融資の中から手数料まで支払うと現実3千万円の家は建たないのです。
木造住宅は昔ながらの木で組み立てられた家ですので温かみが違います。RC住宅は見た目がしっかりしていて素敵に感じますがコンクリートの壁に包まれているので断熱性は低くなりますしコスト面ではかなり高額になります。住宅の寿命は25年くらいと言われていますがその時期がきたらリホームの事も考えなくてはいけません。住宅ローンが終わる頃にはまたお金が掛かります。
資金面で余裕がある方はその時のために残しておかなければなりません。沖縄は木造住宅でもそれ以外の内装にこだわる事で十分希望のいい家が建ちますし、長期優良住宅に当てはまる構造にしてもらえばお安い金利の住宅ローンを組む事も出来るので設計の段階で良く考える事が大切です。住みやすさと過ごしやすさの感じ方は人それぞれ違いますが温かい木のぬくもりを感じながら生活するには木造住宅はお勧めです。

木造住宅の特性は知っておいて損はありません!

「自然の温もりを感じられる」との理由で沖縄で木造住宅を建てられる方が多くいらっしゃいます。木造住宅を建てる前に、木造住宅とはどんなものなのか?沖縄の木造住宅でより良く生活していくための知識を紹介したいと思います。鉄骨などの工業製品とは違い、木は生きています。大気中の水分を吸収し膨張したり、乾燥することによって収縮したりします。
昨今は寸法の正確さを確保するために「乾燥材」というあらかじめ乾燥機で乾燥処理をかけた材料を使用する場合がほとんどですが、それでも建ててから1年程度は若干の木の運動は起こります。この木の運動が住宅にどのような影響をおよぼすのでしょうか?
主にクロスの割れと、住宅の中で「パキッ」という異音が発生します。どちらも1年程度で大分落ち着いてきますので、異音については「木が動いているんだな~」程度で気にしないで下さい。クロスの割れについても、ハウスメーカーや沖縄の工務店さんに相談すれば、だいたいのところは1回は無償で対応してもらえると思います。
ただ1年程度は木は動きますので、1年点検などの際にまとめて対応してもらうのでベターです。また無垢材を多く使用した住宅では、部屋の乾燥にも注意が必要です。木材が水分を吸収するので部屋がどんどん乾燥していくので冬場などは加湿器を置くなどの対策が必要になります。以上の木の特性を理解して快適な木造ライフをお過ごし下さい。


沖縄で個性的な住宅を建てたいと思うのなら沖縄木造住宅に依頼してみてはいかがですか。素敵な木造住宅を建てれば、沖縄で注目されることまちがいなしです。ちょっと洋風感のある木造住宅も建設できますので、自分の趣味にマッチするものを選ぶといいでしょう。